3D/4D超音波検査について(有料)

 当院での立体画像描出は、妊婦健診時に医師が直接行います。

 4Dとは、立体画像(3次元)が動いている状態(4次元)のことで、胎内の赤ちゃんが動く様子が確認できます。基本的には4D画像を映しながら、気に入った場面を停止して、写真にしてお渡しするのが3Dで、そのまま動いている画像をUSBメモリに録画してお渡しするのが4Dという違いがあります。
 さらに、4Dの中でも新しい次元の超音波画像を映し出すHDLiveでは、さらに明瞭で胎児鏡のようなリアルな画像をお見せすることができるようになりました。
 赤ちゃんのお顔を映したい場合には、妊娠30週前後をお勧めしますが、体全体を記録に残したい場合にはもっと早い週数がお勧めです(この場合お顔は判別できる程度になります)。また赤ちゃんの体勢によっては映らないこともありますので、その場合は妊婦健診のみとさせていただきます。

 そのため健診時間が長くなりますので、平日の午後の妊婦健診予約時に限らせていただいております。ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 3Dご希望の場合:立体画像写真のみ(2000円+税)
 4Dご希望の場合:立体画像写真とその動画をUSBメモリへ録画(3000円+税)
 4DのHDLiveご希望の場合:立体画像写真とその動画をUSBメモリへ録画(4500円+税)
 
 USBメモリは、録画機器メーカー推奨のもの(IOデータ:TB-3NT8W)を受付にてご購入いただけます(1個1500円)。ご持参のUSBメモリですと録画できない可能性がありますので、ご持参の場合には必ず推奨のものをご用意下さい。

 3D/4D超音波検査に限らず、外来診察室内でのお手持ちのビデオ撮影はプライバシー保護の観点からご遠慮いただいております。通常健診の超音波検査を含め映像記録をご希望の方は、USBメモリへの録画をお申し出下さい。ご理解賜りますようお願い申し上げます。